自由気ままなちのc LIFE ~新米パパは迷走中!~

子育てに悩むパパ、「ちのc」の日常をつづったブログです

子供の頭が大きいのは、たくさんの生きる知恵が詰まってるから ~ボクの頭はマクワウリ!!~

スポンサーリンク

 こんにちは!ちのcです(^-^)

 

皆さん、マクワウリって知ってますか?

これ。


f:id:chino-c:20190706214311j:plain


メロンみたいな味ですが、メロンのようなしつこさがなく、さっぱりした甘味で、冷やして食べるとめっちゃ美味しいです!

 

メロン嫌いなボクでも食べれる、さっぱりマクワウリ!


子供の頃は、母親がよく買ってきてくれた思い出の味です。
そしてこの間、仕事帰りに寄ったスーパーで、久しぶりにマクワウリを見かけまして。


そこで思ったんです。


なんだか、息子の頭にそっくりだなと。

 

いや違う、息子の頭がマクワウリなんです。

 

大きい頭のウリ坊

 

ボクが言うのもなんですが、息子の頭はとってもデカイです。

 

しかも、斜め後ろに大きい。

さっきのマクワウリを少し斜めにして、顔のパーツを付けたらこうなるみたいな。
まさにウリ頭。

 

f:id:chino-c:20190706214449j:plain

 

一番始めにつけたあだ名は「ぬらりひょん」。

 

f:id:chino-c:20190706214654j:plain

 

こんな不気味な画像しかなくてごめんなさい。
でも、悪い妖怪じゃないんですよ!
…多分。

 

少なくとも、「地獄先生ぬ~べ~」に出てきたときは、悪い妖怪ではなかったんです!

 


産まれてすぐの時は、誰の子供かと疑うほどの小顔で、みんなで驚いたのを覚えています。

 

これは、すごい男前になって、モデルにでもなれるんじゃないかと思ったほどです。

(髪の毛はハゲ気味…)

 

f:id:chino-c:20190706220755j:plain

 

しかし、そう思ったのも束の間、気が付けばマクワウリになってました。

 

あとで調べてみると、産まれるときに狭い産道を通るため、頭の骨が重なりあった状態でお腹から出てくるんですね。

 

だから、頭がとっても小さいんです

 

そりゃ、マクワウリじゃ大きすぎて出てこれませんよね。


息子もですが、お母さんの方が大変です。

鼻の穴からスイカなんてもんじゃ済まないですよ。

 

頭が重くてバランスを取るのが大変

 


そんなこんなでマクワウリとして大きくなった息子ですが、頭が大きくて重たい分、立ち上がるときはふらふら!

 

今でこそ普通に立てるようになりましたが、歩けるようになってすぐの頃は、立ち上がるのも一苦労で、見ているこっちがドキドキしてました。

 

実際に、何度もこけてますし…(^_^;)

家でこけるだけならまだいいのですが、外でもしょっちゅうこけます。

 

ある時は、神社の石段を四つん這いで上っているとき、息子がふと上を見上げたら、頭の重さでそのまま後頭部から…。

 

ごんっ!!

 

たまたま一段目だったので、特に大きな怪我には繋がりませんでしたが、一緒にいるこっちは毎度寿命が縮まります。

 

この調子で縮まり続けると、ボクは何歳まで生きられるのか…(ToT)

 

こどもの頭が大きいのは、生きる知恵がたくさん詰まっているから

 


以前、「行列のできる法律相談所」に出演されていた大渕弁護士が、子供さんにヘルメット療法をしたというニュースを見たことがあります。

 

海外ではこういった治療法がベーシックなところもあるようですね。

 

息子のように後頭部が長いだけのではなく、頭の左右が非対称だったり、様々なパターンがあるようです。

 

ちなみに、大阪の高槻病院には「頭の形外来」なんてのもあるそうです。

 


調べてみると、赤ちゃんはみんな頭が最初に成長するらしいです。

 

ヒトの身体やシステムは、人間の成長に合わせて長い時間をかけて形作られていくそうです。

 

ただ、神経系と呼ばれる脳を中心としたシステムは、生命のリズムを維持する働きや、生きていくために必要なものが多いため、急ピッチで作られていくそうです。

 

産まれてから、さまざまな刺激を受けるようになり、脳が一番に発達するので、赤ちゃんは頭が大きくなるんだそうです。

 

なるほど。

 

つまり、息子の頭にはたくさんの生きる知恵が詰まっているわけですね。

だから、あんなにマクワウリなんでしょうな。


ちなみに。

 

おじいちゃん(ボクの父)は、子供の頃、航空母艦と呼ばれたそうです。

 

f:id:chino-c:20190706221011j:plain

 

名前だけだとカッコいいですけどね。

 

頭が航空母艦ってどうなん?


そして、このブログを書いているボクは断崖絶壁

 

f:id:chino-c:20190706221048j:plain

 

(ボクはそんな風には思ってなかったけど、ブログを読んだ奥さんに「じゃあ、あなたは断崖絶壁だね!」と、笑顔で言われました…)


間違いなく、マクワウリは遺伝です(笑)

 

 

日本で戦争がなくなり、「航空母艦」はサスペンスの舞台、「断崖絶壁」に引き継がれた。
そして令和の新たな時代に、「マクワウリ」に引き継がれたわけです。

 

実に平和的なマクワウリ。