自由気ままなちのc LIFE ~新米パパは迷走中!~

子育てに悩むパパ、「ちのc」の日常をつづったブログです

東北新幹線 E5系(はやぶさ)・E6系(こまち)にお得に乗る方法!~E5・E6系の自由席に乗る方法も!~

スポンサーリンク


どうも!ちのcです(* ´ ▽ ` *)

 

 

あなたのこどもは何が好きですか?

 

 

うちの息子は新幹線が大好きです!

 

男の子なら乗り物好きは多いのではないでしょうか?

 

特に近年は「シンカリオン」人気で新幹線のファンも増えたと思います!

 

 

うちの息子はまだシンカリオンが理解できていないのですが、「はやぶさ」や「こまち」が大好きです。

 

 

どちらも東京から北へ向けて走る新幹線なので、ボクたちの住む福岡からだと実物を見に行くだけでも大移動…( ;´・ω・`)

 

 

でも一度は実物を見せてあげたかったので、息子と二人で東京まで「おとこ二人旅」してきました!

 

 

そこで今回は、息子が大好きな「E5系(はやぶさ車両)・「E6系(こまち車両)」にお得に乗車する方法をお伝えしたいと思います!

 

こどもを連れていってあげれば喜ぶこと間違いなし!

 

 

E5系(はやぶさ)E6系(こまち)

E5系は主に「はやぶさ」「やまびこ」として運転されている車両です。

f:id:chino-c:20200120151822j:plain

 

 

 E6系は主に「こまち」として運転されている車両です。

f:id:chino-c:20200120152000j:plain

  

はやぶさ・こまちは全車指定席

「はやぶさ」・「こまち」は全車両指定席で運転しています。

 

 

運転区間は…

 

はやぶさ:東京~新函館北斗
こまち:東京~秋田
(東京~盛岡間は連結して運転)

 

普段はこんな風に、連結して走っています。

(盛岡駅に行くと、連結・分割シーンも見れますよ♪)

f:id:chino-c:20200121214627j:plain

 

自由席がありませんので、はやぶさ・こまちに乗る場合は指定席特急券を購入する必要があります。

 

 

指定席が売り切れた場合、空いている席に座れるor立ちで乗れる立席特急券というものもあるようです。

 

ただ座れる保証はない上、子連れで長時間の立ちはキツイのでここでは除外します。

 

 

指定席を利用するなら断然ネット予約がオススメ!

指定席を利用するなら、断然ネット予約がオススメです!!

 

スマホで利用できる新幹線eチケットサービスというものがあり、区間によって値段が異なりますが、駅で紙の切符を買うよりかなり安く購入できます。

(近距離区間など、一部区間は自由席利用のみ設定)

 

 

しかも、スマホで予約ができるので駅で並ぶ必要もありません。

 

ちょっとこどもを連れて出掛けようかな?と思ったら、すぐに行動に移すことができます!

 

 

詳しくはJR東日本のHPでご確認ください☆

https://www.jreast.co.jp/

 

 

 

ネット予約も短距離は自由席しか設定されていない

先ほどお伝えしたようにネット予約が断然お得な訳ですが、「東京~大宮」のような短距離区間では自由席しか設定されていません。

 

つまり、全車両が指定席の「はやぶさ」「こまち」には乗ることができません。

 

指定席特急券を購入すればいいだけの話なのですが、

東京~大宮間の切符の値段を比較してみると…

 

自由席:1,660円

指定席:3,180円

(乗車券込み)

 

実は、一気に倍近い値段になってしまうんです。

 

E6系の自由席に乗るには?

2020年1月現在、E6系は必ずE5系と連結して走っていますが、一部はやまびこ」「なすの」として走っています。

 

f:id:chino-c:20200121214545j:plain

 

わかりやすく説明すると…、

 

「はやぶさ」「こまち」は、停車駅が少ない特急列車

「やまびこ」「なすの」は、各駅に停まる普通列車

 

みたいな感じです。

 

 

そして、この「やまびこ」などには自由席が設定されています。

 

 

なので、E6系で運転される「やまびこ」であれば、自由席の切符でも乗車することができるのです!

 

E6系「やまびこ」は本数が少ない

E5系で運転されるやまびこはたくさん走っています。

 

なので、E5系の自由席に乗るのは簡単です(´▽`)

 

JR東日本のHPから時刻表を検索すると、その列車にどんな設備(自由席とかグリーン車とか)がついているかを見ることができます。

 

ここに「グランクラス」の表記があれば、E5系で運転されます。

 

 

これに対して、E6系で運転される「やまびこ」「なすの」は本数がかなり少ない上、早朝深夜の便がほとんどなので、こどもを連れて乗ろうと思うと本数は限られます。

 

参考程度に、E5系+E6系で走る「やまびこ」をいくつかピックアップしておきます。

(2020年3月14日~)

 

下り(東京→大宮・仙台方面)
  • やまびこ53号 東京 8:48発 → 盛岡 12:07着
  • なすの255号 東京 9:16発 → 郡山 10:53着
  • なすの261号 東京 15:12発 → 郡山 16:48着
  • やまびこ213号 東京 16:12発 → 仙台 18:25着
  • やまびこ217号 東京 18:36発 → 仙台 20:49着
  • やまびこ219号 東京 19:28発 → 仙台 21:43着
  • やまびこ69号 東京 20:20発 → 盛岡 23:31着
  • なすの271号 東京 20:28発 → 那須塩原 21:37着

 

上り(仙台・大宮→東京)
  • やまびこ204号 仙台 6:24発 → 東京 8:36着
  • やまびこ206号 仙台 6:50発 → 東京 9:04着
  • やまびこ126号 仙台 8:05発 → 東京 9:35着
  • なすの274号 郡山 11:36発 → 東京 13:16着
  • やまびこ62号 盛岡15:07発 → 東京 18:24着
  • なすの280号 郡山 17:35発 → 東京 19:16着

自由席を利用できるお得なきっぷが発売されていることもある!

短距離であれば自由席に乗ることができるお得な切符が発売されていることがあります。

 

 

ボクが今回利用したのは、「シンカリオンてっぱくきっぷ」。

(首都圏の駅にある「指定席券売機」で、2020年3月31日まで発売)

 

東京都区内の各駅~大宮~鉄道博物館までの往復の切符と、鉄道博物館の入館券がセットになっていて、鉄道博物館ではシンカリオンのパスケースまでもらえます。

 

 

お値段は

 

おとな 4,050円
こども 1,220円

 

 

ですが、東京~大宮間は新幹線の自由席を利用することができるのでかなりお得なきっぷです!

 

余談~こどもへのぷちサプライズ~

完全に余談ですが、せっかく楽しみにしていたこどもへのぷちサプライズ。

 

東京行きに乗るときは前がE5系10両、その後ろにE6系7両を連結しています。

 

 

ホームで息子と、

 

 

ボク「何が来るかな~?」

(事前にこまちに乗ろうと約束している)

 

息子「こまちが来る!」

 

列車が到着!(前よりのE5系が入線してくる)

 

サーッ…

 

息子「…」

 

悲しそうな目でボクを見る息子

 

ボク「後ろになにか繋がってるんじゃない?」

 

息子「…!?こまち来た!!」

 

 

ってな感じで、サプライズ感を演出できます( ´∀` )b

 

 

ただし!

 

はやぶさとこまちが連結していることを理解している子には使えませんので気を付けてください(^o^;)

 

 まとめ

 

E5系・E6系に乗るには!
  • 指定席で「はやぶさ」「こまち」に乗る場合は、ネット予約が安くて便利!
  • 短距離で乗る場合は自由席の方が安い!
  • 自由席でE5系・E6系に乗る場合は、「やまびこ」「なすの」が利用できる!
  • 新幹線の自由席に乗れるお得な切符もあるかも!(期間限定)

 

形は変わっても、新幹線はいつの時代もこども達の憧れなのかもしれません。

 

シンカリオンがあんなに流行るのも分かる気がします。

 

 

今度の週末は、こどもと新幹線を見に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

 

今日も読んでいただきありがとうございました!

 

ではまた~♪(*^▽^*)